【プチ歌論】Sister On a Water3を読んで 記述的言語と発話的言語のあれこれ 

 やっとこさ「Sister On a Water vol.3」を読んだ。

 この号は三上春海さんと初谷むいさんの特集が組まれていて、さらに口語短歌の特徴についても多く言及されている。いくつか列挙すると、

・文語と口語の差異

・口語の様式化

・旧かな新かなという区分

・ですます調

・一字空け

・破調

 などなど。座談会等も含めた論考の感想としては、文語/口語という対立を、みんなけっこう使っているなという印象だった。もちろん何人かは、文語/口語という分け方が現在はあまり有効ではないと提言した上で、もしくは違和感を記した上で、文章を書いているようだったけども。

 

実際僕も、口語短歌について何かを書くとき、文語/口語という区分で話を進めて行くのは単純すぎるというか、そこまで有効ではないなと思っている(こういう考えはこれまでに文語/口語で対立させた議論が積み重なっている前提なんだけど)。

 

いくつかの論考を読んでいて、最近ちらほらインターネッツで目にする書き言葉/話し言葉で短歌を捉えようとする読みを思い出した。書き言葉=記述的言語、話し言葉=発話的言語、として僕はざっくり捉えている。この枠で考えると、短歌を〈文語の短歌〉〈口語の短歌〉で分類していくのではなく、〈記述的言語の短歌〉〈発話的言語の短歌〉〈記述発話ミックスの短歌〉でみていくことになるのだろうか。個人的な例歌を挙げてみる。

 

 

 【記述的言語の短歌】

スキー板持ってる人も酔って目を閉じてる人も月夜の電車/永井祐

真昼間のランドリーまで出でし間に黄色い不在通知が届く/吉田恭大

恋人の人さし指と中指と親指はぶどうをつまみとる/三上春海

 

手元にある本からいくつか引いてみた。三首とも、作中には5、6秒のミニミュージックビデオのような場面だけがあって、特に〈わたし〉の語りはない(ように見える)。多くの口語短歌がこれに当てはまるだろうと思って歌集を捲っていたら、意外と見つからなくて驚いた。

 

どの短歌も結構な割合で一首に呼びかけであったり発話の語尾が混ざっていたりして、かなりの数がミックスでできているようだった。こういう視点で歌をあんまり探したことがなかったから、歌を探していて変に勉強になってしまった。短歌用語で地の歌(小説でいう所の地の文みたいな)っていう言葉があるけど、そういう歌が該当するのだろうか。歌に〈景〉だけがあるのか(俳句的な感じで)、〈わたし〉のレンズを通した〈景〉があるのか、捉え方によって分類が少し分かれてきそうで、なかなか曖昧にしか評価できず難しい。

 

 

【発話的言語の短歌】

「猫なげるくらいが何よ本気出して怒りゃハミガキしぼりきるわよ」/穂村弘

目覚めたら息まっしろで、これはもう、ほんかくてきよ、ほんかくてき/穂村弘

アメリカのイラク攻撃に賛成です。こころのじゅんびが今、できました/斉藤斎藤

かんたんに「原ばく落とす」とか言うな

わらうな

マユリーをつれて帰るな/今橋愛

 

 

こっちはかなり歌を引きやすかった。初期の穂村弘が多用していた一首全部が引用符で括られてでできた短歌や引用符で括らず内心の発話とする短歌、敬体の使用等、様々な形で〈わたしの語り〉がぬっとあらわれてくる。ただ、発話的と言ってもいくつかのレイヤーが分かれているっぽくて、なんか半分くらい書き言葉っぽい歌(今挙げた中なら一首目の穂村さんの歌?)から今橋さんのような、より断片的で、意識の流れのままに書かれた感じのする歌まで、かなりグラデーションがあるように思う。

 

また、会話やセリフの形を完全にはとっていなくても、結句が「〇〇したい」「〇〇だよ」のようなつぶやきにちかい形をとっている作品は、叙述でありながら内心の発話も兼ねているように読める。そういう一首は、発話的言語の短歌とも記述的言語の短歌ともどちらともいえるのだろう。

 

【ミックスの短歌】

 

夏が来る前には春があったでしょう あったんだよ、そういうことが/乾遥香

自転車を押す間だけ空くサドルでも、ああ、そうか、そうでもないか/岩田怜武

大丈夫、これは電車の揺れだから、インスタントのスープを作る/郡司和斗

 

会話、呼びかけ、つぶやき等の細かな口調や語尾をすべて含めれば、相当数の口語短歌がこの分類になるのだろうか。挙げた歌は三首とも三句目と四句目の間に叙述と発話のちょうど中間のような支点が置かれている。そこを境として、歌が段階的に叙述→発話へとシフトしている。

 

ミックスの歌には、すでに鉄板の型があるように思う。誰が言い出したのかわからないけど、「つぶやき実景」と評される構造の歌だ。意味はそのままで、一首を大まかに上下で分割して、上下のどちらかを〈景〉、もう片方を独白なりセリフなりの〈つぶやき〉にした短歌のことだと僕は思っている(そのままで、と言いつつあんまり厳密にはわかってません)。

 

来週もお祭りあればいいよねえシチューの煮えている台所/阿部圭吾

街灯がぽおんぽおんと立っている わたしの心を選んでほしい/武田穂佳

 

引いたこの二首のような、パターン。阿部君の歌のようにつぶやきと景を地続きで書くケースもあれば、武田さんの歌のように一字空けて、景が思いの具象になるケースもある。

 

少し発展形で、

 

三月のつめたい光 つめたいね 牛乳パックにストローをさす/宇都宮敦

手のなかでルービックキューブが揃うそのやわらかさ 忘れてほしい/青松輝

 

とかの歌も挙げられる。宇都宮さんの場合は歌が三分割させていて、叙述の間に発話的言語が挿入される形になっている。青松さんの場合は、阿部君や武田さんの歌と構造はほぼ同じだけど、阿部君と武田さんの歌が記述的言語と発話的言語の半々なのに対して、かなり偏ったバランスになっている。

 

以上七首を挙げたけど、ミックスの歌はだいたいこういうパターンでできていることが多いかなーと思う。

 

ミックスの歌のなかでも、最近は句読点を使った歌が気になっている。

 

あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の/千種創一

 

エスカレーター、えすかと略しどこまでも えすか、あなたの夜をおもうよ/初谷むい

 

この二首はとても魅力的だけど、その魅力がどこにあるのかをなかなか言語化しにくいところがある。いや、歌意や韻律のいじりくり方とか、言及するところはたくさんあるんだけど、そこを掘ってもこれらの歌のおもしろさに迫っている感じがあまりしない。

 

最近はこういう読み味の歌が多い気がして、さっき引用をした、乾さんと岩田さんの歌とかも該当するのだろうか。あくまで個人的に、これらの歌の良さを端的に表すと、「口調」とか「しゃべりの癖」が出ているところだと思っている。そしてその「口調」や「しゃべりの癖」を表すために句読点が一役買っているところはあると思う。一字空けほど明確に一首を内部で分裂させず、記述/発話の言語を混ぜたり、切り替えたりする。その混ざりや切り替えの〈隙間〉にぽろっと口調が漏れているイメージで僕は捉えている。

 

それに併せて、ミックスされた言語が一首のなかで反発運動を繰り返すから、人称がずれたり、文脈の飛躍が起きたりするのだろう。一首のなかの言語切り替えのシークエンスがダイナミズムを生んで、作品に立体的な魅力を持たせている。そんな印象を僕は受けている。他の人はここらへんの歌をどう捉えているのかとても気になる。

 

【まとめ】

文語/口語で短歌を分けて考えるより、書き言葉/話し言葉で捉え直してみるほうが新しい短歌の魅力に気が付くかも!

 

 

このブログを書いている途中で、平英之さんという方が下記の通りの記事を更新していたのだけど、僕が言いたかったことのめっちゃアップデートバージョンの内容が書かれているので、ぜひ読んでみてほしい(読んでみてほしいと言えるほど僕も平さんの記事を理解できていないし、僕のブログのぽんこつぶりがあらわになるので、誘導するのが本当は恥ずかしい)。

 https://scrapbox.io/FragmentsofFragments/%E7%9F%AD%E6%AD%8C%E3%81%AB%E3%81%A8%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%AE%E3%80%88%E8%AA%9E%E3%82%8A%E6%89%8B%E3%80%89

 

あと、これも読んだことがなくて恥ずかしいのだけど、三上春海さんの「歌とテクストの相克」という論文が近いテーマらしいので、気になった人はそちらもどうぞ。

 

最後まで目を通してくれた方、ありがとうございました。

流し読みしてくれた方も、ありがとうございました。

 

郡司和斗

大天国100首会で作った短歌からいくつか

いくつか抜いて記念に載せます。

 

ポメラニアン」 郡司和斗

 

 

 

文明開化、文明開化はいりませんか。ダウナーな老人の上目遣い

 

天然な母 母が俺を産んだ 俺が産ませた天然な母

 

スライスをしたポメラリアンのゼリーを陽にかざすきらきらしてる

 

とうめいなマウスが飛行物体とぶつかって少し猫に似てくる

 

鳥の声 細かい景にいくつもの落下してくる硝子の破片

 

バターロール(深海で圧縮されて涼しく呼吸している)を食す

 

都営新宿線、ラジオ体操第二、首都大学東京、のWANIMA

 

猫の卵(猫の大きな平面に(猫の粉末輝いている 

 

焚き火の動画、ねむれなさから起因する長い長い季節を謳歌する

 

カリフォルニアイデオロギーの明滅に葉擦れの鳴りやまない公園

 

 

松風新歓

新歓をした。

コロナウイルスのせいで会うことが許されないから、Skypeで句会をした。オンラインゆえの支障はいろいろと出てくるんだけど、なんとなく今後も続けられそうな雰囲気はある。

あんまり人と話さない生活が続いているから、こういう機会があると必要以上にくだらないことをしゃべってしまう。Tくんが「所沢住みです」って言ったときに「所沢ってPSYCHO-PASSの作中で犯罪係数の高い人たちが療養する施設があるんだよ」とかクソどうでもいいことを話してしまった。

最近は、サークルの寿命をいかに延ばすかということをよく考えている。大学に短詩会を作って四年目になる。作って四年目ということは察しの通り僕は四年生であり、就職がうまくいかないもしくは卒業論文が書けないことにならない限り、今年度で卒業することになる。伝統がなく規模も小さいサークルとは儚いもので、やる気がある人が抜けてしまうとあっというまに自然消滅するものだ。

今回の新歓で、そんなうちのサークルにとても信頼できて創作に精力的な後輩が入ってくれた。感謝感激雨あられです。感謝感激雨あられって人生で初めて使ったな。あんまり大袈裟なことを言うと信頼が失われるのでこれ以上は言わないけど、マジでツナガリーヨって感じです。イナズマイレブン吹雪士郎派です。

サークルに入ってくれた人と一年間しか一緒に活動できないの、本当にさみしいな。コロナウイルスも大変だし、みんなでせーのって言って一年間あるゆることを先延ばしにしようよう。まあそんな甘い話はないんだけども。

楽しくやっていきたいね。

 

 

放浪息子 感想

放浪息子15巻を読み終えた。10年ほどかけて連載されていた作品らしく、途中めきめきと漫画の技術が上達していて改めて漫画家ってすごいなあと思った。

 

作中の時間もほぼ現実の連載時間と合わせて進行しているらしく、小学5年生から始まった物語は、最後主人公が大学に進学するところまで至ることになった。

 

感想を書いていく前に簡単な概要を載せておく。

【概要】

性自認に揺らぎを抱える二人の主人公・高槻よしのと二鳥修一の、葛藤や恋愛を経て成長してゆく小学生から高校生までの姿を描く。また、二人の友人や家族など周囲の多くの登場人物の思春期を描いた群像劇でもある。トランスジェンダーや異性装という軽くはないテーマを、淡々としながらも温かみのある独特の筆致で描き切った。wikiコピペ

 

 

 

一般的にこの漫画はLGBTqをテーマに扱っているとされている。実際その通りなのだけど、15巻まで読みきると思ったよりもその印象は薄まっていて、ふつうの青春漫画的な後味が残っている。

 

人によっては、志村貴子が出したこの結論に納得がいかないかもしれない。けれども、商業誌の連載であることを考えるとある程度は個人が納得をしなければならないとも思う。

 

まあ、それらを差し引いても人間関係や心情の細かな描き方にありあまる価値があると思うから、佳作であることに変わりはないだろう。

 

キャラクター、漫画のテクニック、ストーリー、書き記しておきたいことはたくさんあるのだけど、今回は最終巻での二鳥くんの扱いについて考えていたことを書いておきたい。

 

まず前提として、二鳥くんの性自認や性指向を簡単に定めることはできない(定める必要すらない)。二鳥くんは、女の子になりたいし女の子の格好をしたい。けれども異性が好きだし、自分が男の身体に変わっていくことに拒絶感を覚えつつも、あくまで自分は男だと思っている描写もある。こちらは、二鳥くんは二鳥くんの性として、とりあえず受け取っている。

 

15巻で二鳥くんは、周囲からの評価によって(骨格が太い、声が男、背が高い、筋肉がある等)、「僕は男だ」と心の中でつぶやく。一応、これが志村貴子が出した暫定解であるわけであるが、ここの解釈が放浪息子の評価の分かれ目であるような気がする。大枠でふたつの解釈があるように思う。

 

ひとつは、志村貴子は二鳥くんを通して最終的には現状追認しかしていないじゃないか、という解釈だ。

 

どうしようもない社会からの圧迫によって二鳥くんは、「やっぱり僕は男」と受けとめる。その上で親しい人には本心を伝えるけれども、これからも社会上は男として生きていくような気配をさせて漫画は終わっている(社会人編とかはないのでその後はわからないけれど)。漫画の結末を受けて、放浪息子を批判する場合はこういう筋が多いんだと勝手に思ってる。

 

もうひとつは、二鳥くんの「僕は男だ」というつぶやきは彼の絶望であって、それは逆説的に現実の社会を問うものになっているし、ぜんぜん現状追認ではない、という解釈だ。

 

どっちかと言うと僕はこっち派だ。というのも、じゃあ作中社会がセクマイにとても寛容なところかスタートする、あるいは寛容な社会に変わっていく物語として進んでいたら、そこまで胸に引っ掛かる作品になったかというと、そうは思えないからだ。(てかそもそも現実よりかなり寛容だけど、主人公の周り)。

 

もし、作中社会の受容が変わっていく作品として作られて、二鳥くんが中学生編あたりからずっと女の子の格好を誰にも害されることなくできるお話になったら、それはそれで素晴らしいことだけど、めっちゃ現実を無視していることになると思う。それって、むしろより一層現状追認になってないか。

 

そんなことを考えていたので、最終巻の流れはあれで良かったんじゃないのかな~と思っている。

 

実は、放浪息子に関しては、テーマというよりもキャラクターとか人間関係(相関)が趣味で好きになったところがある。だから、本当は安那ちゃんや千葉さんの魅力を書きまくったりするべきなんだろうな。

 

あ~~~10年後とかに記憶が薄れてきたころ読み直して~~~~。    

 

               おわり

口語俳句十五句

こんにちは、ぐんじです。

 

佐々木泰樹育英会という財団が主催している給付型奨学金奨学生と口語詩句新人賞奨励賞に選んでもらいました。

 

選考にあたって、財団が持つ謎のサイトに一年間作品を投稿し続けたのですが、サイトに作品を眠らせたままなのももったいないので、記念にいくつかこのブログに公開したいと思います。

 

普段は短歌のほうを多く作っているのですが、口語詩ならなんでも送ることができるということで、せっかくなのでサイトには俳句だけ投稿していました。十七音の短歌にならないようにするのが地味に難しかったです。

 

画像とテキスト両方載せておきます。※このサイトは既発表作品投稿OK

f:id:kazuto-06040905:20200409014248j:plain

雨季そしてたのしい駅になりたいな

 

ミニギターつい買っちゃった初夏の旅

 

虹の内側がわたしの少年期

 

蟻ひとつ這いよる星座早見表

 

左利きのひと増えてきて秋の雨

 

赤蜻蛉文字の小さな同人誌

 

ほろほろとひかります釜揚げうどん

 

冬の鹿役の子がとおくを見てる

 

冬の象鼻打ちつける打ちつけあう

 

ぽこぽこと煮てぽこぽこと食う雑煮

 

バイトすぐやめるし庭の雪食べる

 

あるだけの鈴を抱えて春の海

 

団地というさみしい楽器春の宵

 

だぼだぼのたましいを着て凧あげる

 

水瓶に沈む譜面よ笹井の忌

 

/郡司和斗

 

ではまた(^^)/~

第62回短歌研究新人賞授賞式 スピーチ原稿

去年の新人賞に応募してからそろそろ一年が経ちそうなので、受賞のスピーチ原稿を載せます。今後、誰かがスピーチを考える際の参考になればうれしいです。僕自身もめちゃめちゃ他の人のスピーチ原稿を読んで参考にしたので。

 

※この原稿は授賞式の「スピーチ」で発言したもので、「短歌研究」9月号に掲載された「受賞の言葉」ではありません。

 

 

 

(司会の人から、続いて新人賞の郡司和斗さまお願いします、と言われる)

ただいまご紹介にあずかりました、郡司和斗と申します。このたびは、第62回短歌研究新人賞受賞という大変光栄な機会をいただきまして、うれしくありつつも、いまだに信じられない思いです。選考委員の皆様ならびに短歌研究社様には厚く御礼申し上げます。また、普段からお世話になっている大学の短詩会のみんな、歌林の会の皆様、蒼海俳句会の皆様、北赤羽歌会の皆様、そして家族に、感謝の気持ちを伝えたいと思います。

 

短歌を書きはじめてまだ数年ですが、「ルーズリーフを空へと放つ」という連作が当選作の一つに選ばれたことを大変うれしく思っています。この連作は、誌面の選評でも少し触れていただいた通り、季節の流れや他者の存在を大切にして、外の世界とのつながりを意識してこの連作を作りました。

 

この言い方が適切かはわかりませんが、今、社会的な孤立や排除、生きることの苦しさを詠む歌がますます多くなっていると思います。都市生活の孤独感やワーキングプア、自己の出生の否定などは、とても共感を覚えますし、また、私自身も、そのような枠でくくられる短歌を多く書いています。実際、かりん賞の授賞式では「都市の若者の孤独感がよく出ている」等の選評を受けました。ですが、その方向で歌い続けることが、大きく広がった社会の谷のようなものを超えることに繋がるのかというと、それはとても疑問に思っています。むしろそれらの歌は、孤独な人/社交的な人 被害者/加害者 労働者/資本家、といった、単純な二項対立の構造を深めていくことになってしまうのではないでしょうか。

 

このような思いを持っていたものですから、「ルーズリーフを空へと放つ」で受賞することには、新人賞受賞という単なる希少性の獲得とは別に自分のなかで大きな意味がありました。それは、空虚さや虚無感を表現するにしても、自分にそれを引き寄せて、自分だけの苦しさとして書くのではなく、他者や世界との関係性のなかで書くということであり、詩歌でやっていきたいことの一つでもありました。

 

新人賞は、作品を発掘する場ではなく、あたらしい作家を発掘する場だと思っています。新しく新鮮な風を吹かせられるかどうかはわかりませんが、誰かのこころにそっとよりそうような短歌を書く歌人になりたいと思います。以上で挨拶に替えさせていただきます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

阿部圭吾の短歌

花びら、と君の向こうを指差せば君が払うまぼろしの花びら/阿部圭吾「春の公園」『早稲田短歌49号』

 

最近、阿部くんの作品をどんどん好きになっている。この歌はわせたんの歌会で読んだのが最初だろうか。一読して、まずは構造に目がいく。かなり短歌そのものの財産となっている、上の句と下の句を鏡合わせにする、という構造をとっている。

 

この構造を使う効果としては、短歌の呪文性がより増す、というのが挙げられるだろう。そもそも短歌自体が呪文のよう(やたらみんな諳じて唱える)というか、呪術性の高いものだと思うが、その性質をより強化してくる。

 

呪文性が強化されるとどうなるのかというと、実用的な話から言うと暗唱されやすくなる、覚えてもらいやすくなる、ということになると思う。少しセコいことを僕が書いているように思われるかもしれないが、別に何かを暴きたいとかそういう訳じゃない。作品をいかにみせるかという点で、僕は完全無垢に見える(見せかける)作品よりもこういう作品のほうが信頼できる(できた)ということ。

 

で、作品世界の中でどう呪文性の強化が作用しているかを考えるほうがたぶん大切だと思う(のだけど)。作品世界の中では、それこそこの歌で言っちゃってる〈まぼろし〉感のようなものが、鏡合わせ構造をとることで、一首にまとわりついているのかな、と考えている。

 

(いきなりだけど、この歌じゃない話をします、ごめんなさい)

ひまはりのアンダルシアはとほけれどとほけれどアンダルシアのひまはり/永井陽子『モーツァルトの電話帳』

という超有名な歌があるのだけど、この歌も歌の世界は〈まぼろし〉だと僕は思っている。ひまわり畑の光景が浮かぶけれども、それはなんだか、遠くて、霞がかっていて、夢の中みたいだ。そしてその〈まぼろし〉感がなぜ表れてくるのかを考えたとき、鏡合わせという構造が〈まぼろし〉感の出現を支えているのかな、という思いに至った(フレーズの反転した繰り返しによって生み出る残像、〈の〉のつながりによるずらし、語が重複しているにもかかわらず増える情報量によるバグ感、などなどの理由から)。

 

 

阿部くんの歌に戻ると、この歌もまぼろしなんだよな。まぼろしのような歌の世界の中で君がまぼろしの花びらを払うというまるでまぼろしのような光景がひろがるという、夢が覚めても夢の中、みたいな、ドラえもんでそんな話あったな、みたいなことになっている。

 

このまぼろしの重層性が、うつくしさと同時におそろしさとかも連れてきて、歌の世界に綺麗なものだけでなく、カオスも生み出しているのだと思う。俗に言う〈奥行きがある歌〉的な。

 

 

かなり当たり前のことをつらつらと書いたけど、結論は、阿部くんの歌いいな…ということです。阿部くんは間違いなく同世代の中でもすごい作家になると、僕は確信しているので、これからも作品を、読んで、いくぜ!

 

おわり